活性酸素と決別で憧れの若返り|健食有効活用マスター

笑顔の女性

緑茶で抑える

活性酸素を除去する緑茶

緑茶は活性酸素を抑える効果があると伝えられ、日常的に緑茶を飲んでいる人は自然と生活からアンチエイジング効果を引き出しているということになります、活性酸素が体内に増え続けていきますと老化が進み、見た目でふけるのが早くなってしまいます。そのほか体力的にも衰えを感じてきたりなど、良いことはありません。その活性酸素を除去できるように、緑茶は良い効果を発揮してくれるのです。スーパーで販売されている1袋500円ほどで販売されている茶葉でも良いですし、ペットボトルで500ミリリットル100円ほどで販売されている緑茶でも十分良いのです。しかし緑茶にはカフェインが含まれていることから、多く飲むことに抵抗を感じる人は少なくありません。

氷を使って緑茶を作る

緑茶は熱いお湯、またはぬるま湯でこして飲むのが習慣的に考えられていますが、氷から溶け出した水でこして飲むことも、緑茶を飲む方法の1つとなります。しかも、緑茶を氷でこすことによって、カフェインが含まれないノンカフェインの緑茶が出来上がり、体に優しいうえに活性酸素を除去しながら免疫力もアップされ、ビタミンも含まれていることから美肌効果も発揮してくれる、うれしいお茶となるのです。夏は水分がほしくなる季節でもあるうえに紫外線も強くなりますので、活性酸素が増えることには気をつけなければなりません。その熱い季節に氷でこした緑茶を飲むことで、美容にも健康にも良い成分を摂取していくことができるようになっていきます。